メニュー

大阪・京都から多数来店のもりかわ巻き爪矯正院へ

痛くない巻き爪矯正

枚方市磯島の巻き爪矯正。爪を長くした結果の巻き爪

巻き爪で悩んでいる方の多くに、爪を長くし過ぎている傾向が見られます。

これは、皮膚科などで、爪を短く切ると巻き爪が悪化すると言われて伸ばしているという方が、とても多くおられるように思います。これはとんでもない間違いであることを、まずは知っておくべきでしょう。爪を長くすると、爪の先が靴にあたり、どんどんと巻き爪は悪化します。普通に考えれば分かることだとは思うのですが、これがなかなかイメージできない方が多いようです。

例えば、先端が細い靴を履き、爪を長くする。すると、靴の先端の形に合わせて、爪が細くなろうとし、丸く丸くなっていき、どんどんと巻き爪の症状が出てきます。外反母趾も同じことです。足の骨の形状までもが、靴に合わせて曲がって行くのです。もちろん、短期的になるものではなく、長年をかけて徐々に形状を変化させて行くのです。

皮膚科が爪を伸ばすように指示するのは、巻き爪矯正ワイヤーを付けたいだけではないでしょうか。ワイヤーは、爪の先端の両端に穴を開け、そこにワイヤーを引っ掛けて引っ張り上げるという治療法です。ですので、爪の先端が、親指よりも長くないと、ワイヤーを付けることはできません。ですので、爪を長くするように指示する。しかし、先述したように、爪を長くすることでのメリットは一つもありません。巻き爪が悪化することは言うまでもなく、最悪の場合、爪白癬(爪の水虫)を誘発することにもなります。

巻き爪の方は、指と爪の間にゴミや黴菌が溜まりやすく、通常の方よりも、毎日の洗浄をこまめに行わなければなりません。爪を伸ばすことは、黴菌が溜まる場所を広げているようなものです。なんとなくイメージができるかと思います。黴菌を溜める場所を少しでも少なくすること、それは爪を短く切るよりほかならないわけです。

今回は、爪を長くし過ぎたために悪化した巻き爪の矯正事例を紹介いたします。

初回来院時・巻き爪矯正前↓
爪を長くすると巻き爪になる?

正面からの巻き爪の写真です。いかがでしょうか、爪と指の間に影ができていますが、これは爪を伸ばし過ぎている証拠です。その影の分だけが、不要な長さの爪です。この影の部分が多ければ多い程、靴に接する部分が増えていき、どんどんと靴の形状に合わせて、巻き爪は悪化していきます。

4回目来院時↓
爪を短くする巻き爪矯正

まるで違う爪のように見えますが、同じ爪です。初回の写真と比べていかがでしょうか。爪と指の間に影ができないほどに、短くキレイに整えられています。

また、巻き爪を矯正するに従って、爪はどんどんと薄くなり、正常な爪の厚さになっていきます。

爪は何層にも重なっており、爪が巻くことにより、前に伸びづらくなり、どんどんと上に積み重なっていきます。その結果、どんどんと爪は分厚くなっていくのですが、それを矯正し、前に伸びやすくすることにより、上へ上へと嵩張った爪がキレイになって行くのです。

【巻き爪=爪を切ってはいけない】というのは、間違いであると断言します。爪は常時キレイに短く切りそろえ、必ず清潔に保つようにしてください。

新着記事



072-845-6063

Information


営業時間10:00~19:00まで
土・日・祝日も営業しております。

6月の休院日及び、遠方出張日は、
25日(火)
26日(水)
になりますので、予めご了承ください。

お仕事などで19:00以降しか来れない方は一度ご相談ください。

メール・LINEは24時間受付中です。
『ホームページを見た!』とお気軽にご連絡ください。

友だち追加

巻き爪矯正についてのよくある質問

お客様の声

施術例

更新情報

2016年6月23日
クレジットカードが使えるようになりました。
2016年6月21日
ホームページリニューアルしました。

クレジットカード使えます

*JCBも決済可能になりました。

© もりかわ巻き爪矯正院 ALL RIGHTS RESERVED.


PAGE TOP